審査に通る条件

カードローンの申し込みをしたときに一番心配なのが信用審査の結果です。
審査に通らなければ利用自体ができないのですが、そもそもカードローンの審査とはどんな条件を見られるのでしょうか。
早速ですが、下記のカードローンの審査で確認される重要なポイントから紹介していきましょう。
カードローン審査通る

審査で確認される個人情報

カードローンの審査で確認される重要なポイントは次の項目です。

  • 年収
  • 職業(安定性を見る)
  • 自宅形態(賃貸または持ち家)
  • 他社借入数
  • 金融事故情報

年収は借り入れ限度額の基準となるため、必ず必要です。
また、安定している職業に就いていれば、それだけ審査に通る可能性が上がります。
カードローンの場合、自宅が賃貸であっても特に不利にはなりませんが、借入額が大きい場合には要チェックになるでしょう。

最も重要なのが、他社借入数と金融事故情報です。
他社からのキャッシングやカードローンの借り入れが既に複数ある場合や、返済遅滞や不履行などの金融事故情報が登録されている場合は、審査に通るのは非常に難しくなります。

情報は正しい申告を!

過去にキャッシングやカードローンを利用したりクレジットカードを申込んだことがあると、その情報は個人信用情報機関という金融業者が共通に利用できる機関に保管されます。
その保管されている情報は、必要な時に金融業者が照会を行うことができます。
カードローンの申込時には、自分が申告した情報と個人信用情報機関が持っている情報とが照会されるため、間違いや嘘の情報は必ずチェックが入ります。
申込時の申告は正しく行いましょう。

賢いカードローン選びを!

カードローンにお申し込みをする時に間違った情報を基に選ばないためにも、お申し込みの際には注意が必要です。カードローンには、大きく分けると銀行系消費者金融系低金利系と三つにカテゴリされます。それぞれの審査についてや、簡単な特徴は当サイトでも触れています。
例えば正しい情報を基にカードローンを比較するには、下記のようなサイトがお勧めです。
カードローン
お申し込みの際には、ぜひこのような比較サイトを活用してみて下さい。